タバコを辞めたい父の手助けになればと。

タバコを辞めたい父の手助けになればと。


☆タバコをやめたい父親の為に母と考えた策は。

私と母は過去に愛煙家でした。私はタバコを吸って11年目の禁煙に成功しましたが、母親はタバコを吸って30年でしたので、辞める事はさぞ大変だろうと思いましたが、絶対に吸わない事を決意として、特に禁煙方法に拘ったり禁煙グッズを使用せずに自力で辞めることができました。

そんな母の事を見ていて、遂に父親もタバコをやめると言い出したのです。
そこからは母と2人で父が辛くなく禁煙を出来る方法を考えました。

☆流行のアイコスに頼ってみる。

私の友人や知人でもアイコスに力を借りてタバコを辞められたという人がいたので、母と相談して父にアイコスを買うことを決めました。
しかし、最初はすんなりアイコスの本体を入手で出来なかったので、一カ月の間は父はタバコの本数を減らして何とかタバコを辞める方向へ気持ちを持ってい行きました。

☆2習慣の海外旅行へ。

アイコスも1ヵ月後には無事に手に入りまして、いよいよ父の禁煙生活が始まります。
その年に父親は定年をした言う事もありまして、暫くの間、タバコが吸いたくても吸えない状況へもっていこうという流になっていました。
そこで、私親子が旅先に決めた国はアメリカでした。

期間は2週間。私の夫も有休をフルに使い、子供の大学の休みに合わせてハワイへ行く事にしました。
一応アイコスを父は持参しましたが、あえてホテルはオール禁煙なところを選びました。
探せば、タバコを吸えるエリアも近くにありましたが、あえて父には喫煙エリアはないし、見つかると罰金がたかく次に入国もしずらくなると、嘘をつきました。

☆1週間はイラつく様子も見えましたが、その後見事に喫煙に成功。

ハワイについて夜にビールを飲むと、父は凄くイライラした様子で、禁煙パイポを加えたりしていました。
しかし、4日5日6日と、段々とタバコが吸えない事にも慣れて、アイコスも一度もハワイでは吸う事もなかった父でした。
環境が変わったことが良かったのか?1週間が過ぎた事からタバコを吸いたいとも言わなくなり、禁煙パイポもアイコスも自ら処分していました。

☆日本に戻ってもタバコは吸いませんでした。

ハワイでは2週間一切タバコを吸わなかった父でしたは、問題は帰国後だと思っていました。
しかし、帰国後1ヶ月2ヶ月経過しても一切タバコは吸っていません。

そしてもしこの先タバコを吸いたいと思う気持が沸いたら、また海外へ行くと言っていました。
うちの父の場合は環境の変化が良かったのか、すんなりタバコを辞められました。


電子タバコ おすすめ